キレイDEハジケリスト

ずっとキレイでハジケていたい。 たとえ、今日が食べ過ぎであったとしても。 あきらめないアンチエイジング日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Newby

「Newby (ニュービー)」 というイギリスの新しい紅茶会社が、高品質とリーズナブルな価格をモットーに日本上陸を目指しているらしい。

ワクワクしながら、その関連記事を読んだ。

 イギリスからの新しい風 日本上陸を目指す

 イギリス新紅茶ブランド Newbyで過ごす一日

イギリスではハイクオリティの紅茶は量がわずかな上に高価格で、紅茶の値段は安いものに流れる傾向があるんだそうだ。
紅茶の国、イギリスなのに?
意外だ!!
ま、緑茶の国、日本でもボトル入りが圧倒的に幅を利かせている昨今だから、解せない話ではない。

一体、「Newby (ニュービー)」 とはどんな会社なのか、まずはHPを見てみた。
お茶の葉の緑が美しく、なんとも清々しいサイトである。
従来のトラディショナルなお茶に始まり、フレーバーティやハーブティ、緑茶ベースのオリジナルブレンドやオーガニックのものまで商品のバラエティが豊富だ。
パッケージもカラフルでユニークだし、一度は試してみなければと購買意欲が湧いてくる。

「サスガッ!、イギリスメーカー!」 って唸らせてくれて、その次に、「エッ!それなのにこのお値段!?」 と目を丸くさせてくれたら嬉しいんだけどなあ。

紅茶専門店は日本国内にもたくさんあるし、有名茶園の極上品だってネットで簡単に手に入れることが出来るから、日本人女性はちょっとやそっとのことじゃ驚かないのだ。
特に、私なんか小姑だから、口うるさいよぉ~
まずは、トラディショナルティから、ダージリンとセイロンとアールグレイを飲んでみて、その後の対応を考えさせてもらおう。
美味しかったら、んもぉ~、大変!
新しもの好きでハマリやすいタイプだから全種類試しちゃったりなんかして。

私の中で日本発売の際のシュミレーションは、もう完全に出来上がっている。

だから、一日も早く上陸してください!!

スポンサーサイト

テーマ:紅茶 - ジャンル:グルメ

アールグレイ

開封した紅茶が食器棚の中にいくつもある。
サッサと飲み切ったらよさそうなものなのに、す~ぐまた、新しい味を試したくなってしまう。

昨日、コレを開けた。

earlgrey1

マリアージュフレールのアールグレイインペリアル

口中に広がる茶葉の甘みにベルガモットの香りがキリッと絡んで、黒い缶が漂わせる 『美味しいに決まってるじゃんオーラ』 を裏切ることなく、やっぱり、それは美味しかった。
使っている茶葉が良質だからなのか、私がマリアージュフレールという店の名に完膚なきまでにひれ伏してしまっているからなのか、ここのお茶を飲んだ後は、その自信に満ちた揺るぎない美味しさに、毎度、感嘆のため息を漏らしてしまう。

アールグレイはメーカーごとに、ベースになるお茶の種類やベルガモットの香りのつけ方が異なり、それによって各人の好みが分かれる。
私はベルガモットの香りが前面にしゃしゃり出てくるようなのは苦手で、後方からホワッと広がる風味に 「美味しいアールグレイだなあ」 という感想を持つ。

earlgrey2

少し前までぞっこんだったのが、ウエッジウッドのアールグレイ フラワーズ。
ウエッジウッドのティールームのレジ横に置いてあったのをあまり期待せずに買ってみたら、意外にも好みの味で、すっかり虜になってしまった。
全体に柔らかい印象の味と香りで、ワイルドストロベリーのパッケージも可愛らしく、あのバカ高いお値段さえなければ、お勧めのティーバックだと思う。
ブルーのパッケージのアールグレイも香りがきつくなくていい。

テイラーズ オブ ハロゲイトは、アールグレイ好きには若干、物足りないかもしれない。
私はトワイニングが放つあの強烈な香りがダメなので、これくらいマイルドな方がありがたかったりする。

ところで、ネット検索をしていたらビックリ仰天の発見をした。
アールグレイの本家本元ってのがあるらしい。
英国のジャクソン社がそれで、缶にはその名の由来であるグレイ伯爵  英語でEarlとは伯爵のことを指し、Earl Grey=グレイ伯爵 という意味なんだって。 のサインがあり、お値段お手頃で、ストレートでもミルクでもレモンでも美味しく、アイスティーにすれば最高の味という傑作なんだそうだ。

おまけに、ここの 「エクストラダージリン」 というお茶は、誰が飲んでもはっきりと美味しいと分かる納得のいく一品だというのだ。

ウーム、飲んでみたい。

それにしても、流石、イギリスは紅茶の国だけあって、メーカーも数え切れず、紅茶にまつわる逸話も豊富で面白い。
グレイ伯爵の話も、中国を訪問した時にこのブレンドを伝授されたという説があるかと思えば、中国になんて行ってないという説もあるんだそうだ。

フランス流紅茶も素晴らしいけれど、本場イギリス紅茶も奥が深く興味が尽きない。

まずは、食器棚の紅茶の消費に専念して、それから、ジャクソン社!と闘志を燃やしていたら、どうもハーベイニコルズと同じく、国内の取り扱いはないような気配。
お手頃価格と知って大喜びだったのにさ。
ショボーン!

テーマ:紅茶 - ジャンル:グルメ

ゴディバ

毎年、バレンタインデーと言っても何もしない。
でも、今年は、何もしていないのに特別なことがあった。

14日、出社したら、会社の人から、チョコレートをいただいたのだ。
それもゴディバ
godivachoco

それだけでも嬉しいのに、赤いリボンにハートまでくっついていた。
んもぅ~! 感激!!

2月14日に、女性が男性にチョコレートを贈るのは、日本独自の習慣で、欧米では、恋人や友達、家族などがお互いにカードや花束、お菓子などを贈り合うものなのだそうだ。
その人は、欧米式に、日頃の感謝の意を込めて、同じフロアの女性3人にチョコレートを配られたのだ。
私は、来客の際、お茶を持っていったりするので、「お茶、いつも淹れてくれてありがとう」 という言葉も一緒にいただいた。

お礼なんて言われたら照れる。
予期せぬプレゼントって、はしゃいでしまうものですね。

そんな私を、後ろの席の女性27歳独身は、醒めた目で見ていた。
「そこまで大喜びしなくても・・・」 というニュアンスで。

ま、27歳独身には、わからんだろうね、所帯持ちの気持ってもんがさ。

彼女には、この先、素敵な男性から花束や宝石のプレゼントをもらうチャンスが、いくらでもあるのだ。
しかし、私の場合、赤の他人で、しかも異性から、金色の小箱をもらうなんてこと、この先、まずないんじゃないかと思うのっ!
9回裏ツーアウトのバッターボックスで、ランナーが3塁にいて、ヒットを打ったような気分っておわかりいただけるかしら?
ホームランじゃないのは、「愛の告白」 ではなかったからっ!!

チョコレートには、紅茶よりコーヒーの方が合うような気がしてならない。
ブラックは苦手なので、クリームを少し入れて。
coffe

ゴディバチョコレートって、お味はさほどでもないと思う。
ただ、パッケージとブランドイメージに高級感が漂うから、休日のコーヒータイムを華やかにするのには良い。

チョコレートをカリッと噛んで、コーヒーをすすったら、溜まっていたストレスが甘く溶けた。

「人気blogランキング」に参加中
よろしければクリックお願いします。つまらなかったら出直します。

テーマ:ショコラ(チョコレート) - ジャンル:グルメ

マスカットフレーバー

遂に、マリアージュフレールのダージリンを飲み切ってしまった。
美味しいダージリンは、毎日飲んでも飽きない。

私が飲んでいたのは、マーガレッツホープのFTGFOPセカンドフラッシュ。
margarets

とても甘みがあり、コクのある美味しさが印象的なお茶だった。
ポットにお湯を注ぎ、茶葉をゆっくりと蒸らした後、お茶を均一にするため、スプーンでひと混ぜしたりなんかしますね。
その瞬間!ものすごく甘いマスカットの香りがポワンと来る。
同じマスカットでも、ハーベイニコルズの時は、爽やかな香りがフワリと周囲に広がったのに対して、こちらは一撃とでも言うべく、刹那に甘く香る。
マスカットフレーバーにも色々あるということを知ったわけです。

おかげでダージリンへの想いは、益々、募るばかり。
もっと、色々なダージリンのマスカットフレーバーを体験してみたい。
「マスカット」のことばかり考えていたら、フラフラとこんなものを買ってしまった。

カバヤのマスカットキャンデー
candy

最近のカバヤはすごいことになってますね。
ビタミンC・コラーゲンペプチド配合だって。
ビタミンCに至っては、倍増らしい。
今時は、マスカットの香りだけじゃ売れないってことなんでしょうか?

そんなカバヤのために、すっごいキャンデーを考えてみたんですけど。
それは、マスカットフレーバーのする紅茶キャンデー!
ダージリンの渋みを利かせた琥珀色の一粒を口に入れた瞬間、甘いマスカットの香りが口腔いっぱいに広がるという商品コンセプトで、名付けて、「マスカテル」。
カバヤなら作れるって! 頼むっ!!

ま、カバヤの皆さんもお忙しいでしょうから、あまり無理を言ってはいけませんね。

だから、自分で何とかしてみました。
masucatel

あらかじめカップの中に、カバヤのマスカットキャンデーを入れておく。
そこへ熱い日東紅茶を注ぎ、間髪いれず、目を閉じながら鼻をひくつかせる。
その時、決して目を開けて現実を直視してはならない。
「もしかして、暇?」 という邪念が湧くから。
静かに神経を集中していると、やがて、紅茶からそこはかとなくマスカットの香りが立ち上ってくるのだ。
「おぉ!これは、発明かっ!?」 と色めき立ったのも束の間。
お味は、無論、マーガレッツホープに敵うはずもない。
私は、虚しくお茶をすする。

マスカットフレーバーは、名のある茶園のダージリンを飲むのが一番みたい。
やっぱり、私は暇人だった。

「人気blogランキング」に参加中
よろしければクリックお願いします。つまらなかったら出直します。

テーマ:紅茶 - ジャンル:グルメ

きなこ雪餅

吟味された材料で焼かれたお煎餅は美味しい。
いそいそとお茶を淹れたくなる。

去年の暮れに、これまで味わったことのないタイプのお煎餅をいただいた。

その名を、和三盆仕立ての粉雪舞 「きなこ雪餅」 という。
YUKIMOCHI

販売しているのは、「新潟味のれん本舗」 という会社だ。

このネーミングを考えた人ってすごいっ!
これは、もう、イメージの勝利だっ!!

私は、湯呑み茶碗を片手に、ゆっくりと目を閉じる。
ここは粉雪が舞う銀世界、新潟。
「こんなに遠くまで来てしまったのね。」とつぶやきながら、小判型の薄焼き煎餅を口に入れる。
その刹那、きめ細やかなきなこと上品な甘さの和三盆が、舌の上でスウッと溶け合い、その味わい粉雪の如し。
前歯でパリッと折った後は、バリボリバリボリ、米処・新潟を全力で堪能する。

あぁ、渋茶がウマイねぇ


コレを下さったのは、夫の仕事関係でお付き合いのある方なんだけど、甘党でありながら、お酒も大好きという食道楽で、ここ数年、大晦日の晩に、夫は決まってこの方に呼び出されるのだ。
そして、二人で年忘れの美味しい物大会をやっているらしい。

しかし、大晦日の晩に、余所の旦那を呼び出すのは、流石に気が咎めるらしく、その方は、夫に手土産を持たせてくださるのだ。
ある時はお取り寄せの熟成チーズ、また、ある時はワインと、美味しいものをたくさん知っている人だから、確実に私を唸らせる物ばかりを寄こしてくる..
それが楽しみで、毎年、私は上機嫌で夫を送り出す。

それで、今回は、栗大福と豆大福の詰め合わせと、アップルパイと、この「新潟味のれん本舗」だったのだ。

ぴりっとわさび仕立て 「磯巻 わさび味」 というのもあったんだけど、これも良かった。

これまで、お煎餅は、「播磨屋本店」というお店を贔屓にしていたんだけど、今度は、「新潟味のれん本舗」の他の商品も試してみることにしよう。

美味しい物を真剣に味わった後は、感謝の気持が自然と湧いてくる。
みんな!ありがとう!!
美味しかったという記憶が、明日へのエネルギーとなるのだ。
脂肪になるなんて、絶対に信じたくない。

「人気blogランキング」に参加中
よろしければクリックお願いします。つまらなかったら出直します。

テーマ:おやつ - ジャンル:グルメ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。